バストアップ情報

乳輪と乳首が大きい原因とその理由

更新日:

乳輪と乳首が大きい原因とその理由

バストの大きさと同時にお悩みのタネとなるのが、「乳輪のサイズと乳首のサイズ」。

なかなか同じくらいの年齢の他人のそれを見かけるチャンスがないため、私のサイズは普通なのか?それとも大きいのか、小さいのかわからない・・・というお考えの女性はとても多いのでは??と思います。

現在お付き合いしている彼氏がもしかして自分の乳輪や乳首に不満を持っていたら・・と思うと不安ですね。

乳輪や乳首の平均的な大きさや色はどれくらい?乳輪や乳首が大きくなる原因とかはあるのかしら?乳輪や乳首が大きい女子ってどんな女子?・・などなど気になることはたくさんあるけど、なかなか他人には聞けない「乳輪と乳首」について詳しく調べてみましょう。

乳輪や乳首はどうして大きくなるの?原因について

いったい全体、なぜ乳輪や乳首のサイズが大きくなったりすることがあるのか・・すごく気になることですうね。

そもそも乳輪の大きさや乳首の大きさが大きく変化することはないのですが、絶対そうとも限りません。

もし、貴方が「最近乳輪が大きくなってきたよう気が・・最近乳首が大きくなってきたような気が・・。

とお悩みであれば、下記の原因が考えられます。ひとつひとつ見ていきましょう。

妊娠すると、乳輪が大きくなったり黒ずんだり、乳首そのものが大きくなったりする

妊娠すると、乳輪が大きくなったり黒ずんだり、乳首そのものが大きくなったりする

女性は妊娠すると、乳輪のサイズや乳首のサイズが大きくなったり、色も黒ずんでくる傾向にあります。

なぜかというと、より赤ちゃんを育てやすくするために女性の身体が変化していくからです。

妊娠するとバストが何カップも大きくなることと同じことですよね。

バストがサイズアップする理由としては。
バストの組織の中でも「乳腺(乳腺葉)」が発達するためです。乳腺は母乳を作るために最も必要な組織ですから、この組織が発達することで赤ちゃんにきちんと母乳を届けることができるのです。

また、乳腺で作られた母乳を運ぶための器官「乳管」も広く太くなります。
そのためバスト全体のサイズが大きくなるのです。

乳管が発達するために重要な女性ホルモンが2種類あります。この2種類のホルモンが増えることで乳管が発達します。

「エストロゲン」の分泌量が増えること。」
「プロゲステロンの分泌量が増えること。」

妊娠によりバストが大きくなるにつれて、乳輪も大きくなります。なぜ乳輪や乳首の色が変わり黒ずむかというと、視覚の発達していない赤ちゃんが、きちんと乳首や乳輪を発見できるようにするため、というはっきりとした理由があります。

逆に出産が終わり授乳期が終わると、乳首や乳輪の大きさや色が元のように自然と戻ってしまう女性もおられます。女性個人個人のセルフケアも、もちろんあるでしょうが、これには個人差があるようです。

ホルモンバランスの不安定によって乳輪の色のサイズが変わることも

現在妊娠していない、心当たりもない、という女性は下記のような理由も考えられます。

人間生きている中で「寒い」と感じて震えたり「暑い」と感じて汗をかいたり・・などの体温バランスなどがきちんととれているのは「自律神経」の正常なはたらきによるものです。

しかしこの自律神経の働きが乱れてしまうと、気温が高くないのに汗をかいてしまったりその逆があったりといった通常時とは反対の反応を起こしてしまうことがあります。
この状態を「自律神経失調症」といい、周囲や職場でもこの症状を抱えている人に会ったことがあるかもせません。

ケースとしては多くはありませんが、自律神経の働きが乱れてしまうことでホルモンバランスに乱れにつながり、乳輪の大きさや乳首の色に影響を与えてしまうことがあるようです。

かいたらダメ!?・・乾燥・痒みも影響が

レアケース??と思われるかもしれませんが、「乾燥」も乳輪の大きさに関係してくる、つまり乳輪を大きくしてしまう理由のひとつと考えられています。

一般的に肌は、乾燥するとかゆくなってきます。
秋から冬にかけて、冬から春にかけて、特に季節の変わり目などに腕や脚・背中などが乾燥してかゆく感じます。ついかいてしまうと逆効果、ということも起きてしまいます。

乳輪や乳首も同様です。あくまで皮膚ですから乾燥しているとかゆみを感じます。乳輪や乳首は他の皮膚の部分よりデリケートです。かいてしまうとかいた部分に黒ずみが出来たり、そのために乳輪のサイズが大きくなってしまったり、という可能があるのです。

乳輪のサイズを大きく見せてしまう黒ずみについては、乳首専用の黒ずみ対策クリームが有効です。決まった時に決まった量だけ塗ることで、あなた本来の乳輪の色を取り戻す効果があります。

どの皮膚の部分でもいえることですが、かいているうちに小傷が出来てしまうことがあります。そこが腫れてしまったり炎症を生じたりすると、それが理由で乳輪が大きくなったり黒ずんだりということもあります。乳輪や乳首は決してかかないように気をつけましょう。

サイズの合うブラを選んで摩擦を少なく!

実は多くの女性が、自分自身の正しいブラジャーのサイズをわかっておられないようです。

下着メーカー大手のワコールによる統計では、ちゃんとご自身のバストに合っているブラジャーを選んで身につけている女性の割合はたったの一割程度だったとのこと。

ということは、他の9割の女性はご自分のバストサイズにきちんと合っていないブラジャーをつけているということになります・・残念なお話ですね。

身体に合わないブラジャーをつけ続けていると、以下のようなデメリットがあります。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • バストの形が崩れる
  • バストの成長を抑えてしまう
  • 乳輪や乳首の色が黒ずむ

などなど女性によって嬉しくないことばかり・・。

かといって「キツめの」ブラジャーをつけていれば良いか?というものでもなく、長時間の圧迫によりバストの形が崩れてしまったり、背中やワキに跡や汗染みが浮き出ることになったり。

ご自身が今つけているブラがフィットしていない感じがあったら、ブラのサイズが合ってないのかも?
下着専門店で一度正しくはかってもらいましょう。

乳輪の普通サイズって?平均的サイズは?

ひとくちに乳輪のサイズが大きい・小さい、といいますが、大きさが平均的なサイズあるいは平均的サイズより小さければ悩むようなことではないでしょう。

自分の身体の大小によるバランス、という点もとても大切ですが、平均サイズを把握することで、日本女性の乳輪サイズはどのくらいの大きさなのか、そして理想とされるサイズや多くの男性が好むサイズについてもご紹介しましょう。

日本女性の乳輪の平均的サイズは??

日本女性の乳輪の平均的サイズは、下記のような数字となります。

  • 乳輪のサイズ:直径3.5cm~4cm
  • 乳首のサイズ:直径1cm~1.5cm

※美容外科、美容整形外科のサイトから

どのような印象でしょうか?思ったより小さかったでしょうか、反対に大きかったでしょうか。
4cmを親指と人差し指で作ってみると意外と大きく感じてしまいますね。

これはあくまでも平均的サイズですので、日本女性でもこのサイズより大きい方もいれば小さい方もおられるでしょう。また、そこまで大きく平均から離れている・・という方も多くはおられないことと思います。

意外に思われるかもしれませんが、外国人女性の乳輪のサイズも日本女性とさほど変わりはなく、ほぼ4cm前後だそうです。こと乳輪の大きさについては万国共通ということがいえるかもしれません。

「理想的サイズ」といわれる乳輪や乳首の大きさは?

乳輪との平均的サイズは上記のような通りでした。ですがそれが「理想的サイズ」はどうかは別ものですね。

女性にとってもう一つ気になるのが体重。
体重にしても「平均体重」と「美容体重」の2つがあり、よりキレイなプロポーションを求めたいという女性は上記の2つを比較して、「もっとダイエットしよう」「もっとトレーニングしよう」と思いますよね。

有名美容整形外科の調査によりますと、平均的な体型の女性の場合、

  • 理想的な乳輪の大きさ:直径3cm~3.5cm
  • 理想的な乳首の大きさ:直径0.8cm~1cm

くらいが理想のサイズになるそうです。

日本女性の平均的サイズと比べると0.5cm小さい程度となるでしょうか。このサイズなら「納得」と思われる女性も多いかもしれません。

現実はこう!男性が求める「理想サイズ」は以外と大きめ!?

「理想のおっぱい」に関するアンケートを「週刊ポスト(小学館)」が、男性1,000人を対象に行ったことがあります。その中で乳輪のサイズや形をアンケートとしてまとめたものもありました。

  • 理想的な乳輪の大きさ:直径4.4cm
  • 理想的な乳首の大きさ:直径1cm~1.5cm

結果としては、男性の求める理想的なサイズはいずれも女性の求めるサイズより大きめ、という回答となりました。

男性としても女性の乳輪のサイズをわざわざ測るなどということはしませんので、あくまで男性の想像上のサイズということになるでしょうが、乳輪のサイズ・乳首のサイズが平均的サイズであれば、男性に引かれるようなことはないと断言してよいでしょう。

「東京イセアクリニック」という美容整形外科が行ったアンケート結果にこのようなものもあります。

「乳首は大きい方がいい?」という設問に

  • 「小さい方がいい」88.9%
  • 「大きい方がいい」5%

という結果になりました。

バストの全体的なバランスの問題になりそうですが、基本的に男性は

「大きな乳輪」と「大きな乳首」

を求めているというわけではないことがわかりますね。

乳輪のサイズで悩む人も多いね割と乳輪のサイズの大小で悩んでいる女性が多いというイメージがあったけど、平均的サイズって他の国とも変化があるということもなく、そんなにこの平均値から外れる人もいないんじゃないかな?

意外に思ったのは男性はちょっと平均よりおおきめの乳輪を求めてるって事実だよね!
実を言うと女性側から別段意識するほどのこともないけど、男性側からみたら気になるものなのかなあ?

だけどアンケート結果からすると、結局大きいよりは小さい方がいい、とかなってるし・・。「適度に大きい方がいい」ってことなのかな?男性って気まぐれなんですね。



乳輪が大きい人って?平均的サイズを超える女性!?

乳輪の平均サイズは「3.5cm~4cm」というお話をしましたが、それよりも小さいサイズの女性がいるように、大きいサイズの女性ももちろんいます。

最初にご紹介しましたように「乳輪が大きい人の特徴」について検討してみました。

乳輪の大きさは遺伝に関係している?

乳輪のサイズの大小に遺伝が関係している可能性は大きいのではないでしょうか。身体的な特徴が両親とよく似ていることはよくあること。お母さんと鏡の前に並んで乳輪のサイズまで比べることはないだろうと思いますが、バストサイズが近いことはよくあるでしょう。結果的に乳輪のサイズも似てくる、ということはあることと考えられます。

サイズでは似ていなくとも色が近かったり、全体的なシルエットが似ている・・などなど遺伝の影響は大きいものです。

お腹の中にいる間にある程度身体のつくりは決まってきますから、生まれつき乳輪が大きい遺伝子情報を持つ女性の場合は自然と成長に伴って乳輪も大きくなってくることは予測できますね。

乳輪はバストサイズにも比例する!ボリューミーなバストほど大きい

乳輪の大きさはズバリ、バストの大きさに比例するものです。バストが大きくなると、バストの皮膚面積(表面積)も大きくなりますね。

乳輪の面積がバスト全体の面積に対してこれくらい、と統計的数値で出ているわけではありません。ですが、バストのサイズに個人差はあれど、バストと乳輪の面積の比率はほぼ同じ程度のイメージになるはずです。

ですから、乳輪のサイズが5~6cmある女性であっても、バスト自体が平均的サイズよりも大きいのであれば、それは決して不自然なことではないのです。中には、バストがとても大きいのに乳輪のサイズが小さいという女性もいらっしゃいます。乳首のサイズについてもそれは同じです。

これこそ遺伝子によるものと考えられます。乳輪の小さな遺伝子を持ってる人がいれば、小さい遺伝子を持つ女性もいるからです。バストの大きさやグラマーさとの相関関係はないはずです。

ひとついえることがあります。バストサイズが大きいグラマーな女性の場合、いかんせんバストの大きさの影響で皮膚が伸びやすく、そのおかげで乳輪の大きさもひっぱられて大きくなってしまう傾向にあるものです。バストサイズが大きい女性が、なんとなく乳輪のサイズも大きく見える・・という場合はこういう点に答えがあるのかもしれません。

妊婦もまた同じ。妊娠すると乳輪の大きさが大きくなると話しましたが、妊娠によるバストアップもこれと無関係ではないでしょう。

バストの成長過程で一緒に乳輪が成長することもある

思春期の女性(中学生・高校生)の場合も、身体全体が大きくなるにつれて身長も大きくなり、併行してバストも成長期にさしかかり大きくなっていきます。

そのときに当然乳輪も一緒に大きくなっていくわけですが(思春期の女性と成人女性の乳輪のサイズを比較すると、成人女性の方が大きいです。)
思春期の女性の身体の成長スピードはまちまちだったりしますから、その頃にバストサイズに見合うサイズよりも乳輪のサイズが先に成長してしまい、バランスがわるくなるということもあるようです。

そして、成人女性・思春期の女性を問わず胸の形の悩みとしてあるのが「陥没乳首」です。
これは乳首が小さくなって乳輪の中に隠れてしまう状態です。小学生の頃まで陥没していなかったのに、成長するにつれて陥没乳首になってしまう女性も少なからずおられます。

原因としては、バストの成長期に、バスト自体の成長が乳首の成長に比べて早く進んでしまい、乳首の発達がそれに遅れてしまうのだと考えられています。

陥没乳首の女性の割合は多く、成人女性の一割くらいが片方あるいは両方に見られると言われていますから、バストそのものの成長と乳首の成長のバランスの違いは想像以上に多く起きていると考えられますね。

その逆も同じことかもしれません。

バストそのものの成長よりも乳首や乳輪の方が先に成長してしまったために、バストサイズと比較して乳首や乳輪のサイズが大きくなってしまった、ということがあっても全く不思議ではありません。

短期間に痩せてまた太った女性も乳輪が大きくなる?

バストサイズの大きさに比例して乳輪も大きくなる可能性があることについて何度か説明しました。

女性としての成長に併行してバストが大きくなることもあれば、太る(体脂肪がつく)ことでバストが大きくなることとも一緒です。

バストを構成している組織はいくつかありますが、ほとんどが「脂肪」で組織の約90%を占めています。

太ることにより身体全体に脂肪がつきますから、バストにももちろん脂肪がつきます。痩せると同じようにバストの脂肪も落ちてバストサイズも小さくなります。痩せる際に一旦大きくなった乳輪だけが残ってしまうことが多々あります。

といっても、平均体型の方が3~4kg太ってダイエットした、という程度の違いであれば影響はほとんどないでしょう。20kgや30kgといった、体型が極端に変化した場合には十分起こりうることですね。

とても太っていたタレントさんが頑張ってダイエットしても、残った皮が伸びてしまっており、before~afterをテレビで公開、なんて番組を観たことがあるでしょう。同じことがバストでも起こってしまうというわけですね。

「男遊び」で乳輪が大きくなったり色が黒ずんだり??

乳輪のサイズや乳輪の色の黒ずみに関するちまたの噂で「男性とよく遊んでる(肉体関係が多い)女性ほど、乳輪が大きくなったり、乳輪の色が濃くなる」というものがありますが、これは全くの迷信であり一種の都市伝説です。根拠も医学的証拠もありません。

ここまでご説明してきましたが、乳輪のサイズや乳輪の色は、そういった単純な理由で左右されるものではないのです。

以前は小さかったのに、妊娠~出産を経ることによって大きくなっていくこともありますし、そもそも生まれつき乳輪のサイズが大きめ、色が濃いめ、という女性もいるわけです。

乳輪のサイズや色について「君、遊んでるね。」などと聞いてくる男性は失礼千万。女性に対する知識を得るよう努力してもらいましょう。

反対に、遊んでいないはずなのに乳輪のサイズや色がコンプレックスという女性は全く気にする必要はありません。大きさや色の要素はさまざまな条件が重なったもの。急激に変化するものではないのです。万が一急激に変化するようなことがあれば、婦人科等で一度診ていただくことをおすすめします。

乳輪のサイズや色って先天的な要因が多そう色々見ていくと、乳輪のサイズや色って先天的な要因が多そうだね。
おばあちゃんの代からバストサイズが大きい、って人も確かにいるけど、乳輪の大きさや色、乳首のサイズや色なんかもそういう家系があるのかもしれないね。

乳輪の色が黒ずんでたり大きかったりすると遊んでる、とかホントによく聞くけど、単なる迷信だったんだね!

男性はつまらないことで女性を傷つけないためにもバストに対する知識をきちんともってほしい日本人てもともと真っ白な肌色じゃないわけだから。乳輪や乳首の色もメラニン色素の影響で、薄茶色から少し濃いめの色だし、だからといって特に乳輪が大きい女性なんてあまりお会いしたことないよね。年齢とか関係なく。

若い男性は特にだろうけど、一般女性のおっぱいを見る前にDVDなんかで予習してる人が多そうだから、「女性の乳首と乳輪はピンク色!」と思い込んでるんじゃないかな。あれってルージュで塗ってたり、画像加工も出来るって話だし。

男性は男性でつまらないことで女性を傷つけないためにも、そういう知識をきちんともってほしいな。

乳輪の大きさ・色、乳首の大きさ・色もあなたの個性!

乳輪のサイズ・乳輪の色、乳首のサイズ・乳首の色も、身長や髪の毛の量、お尻の大きさ、大きすぎるバスト・・・のように女性の個性の一つであり、他人と違うからって決して気に病むようなことはありません。

ですが、他の部分と違って普段見せることがない、見せるとしたら大切な人限定、しかもたった二人の初めての時間・・できるだけ美しくいたい、恥ずかしい経験にしたくない・・と思うのは女性として当たり前の自然な思いでしょう。

ただ人によっては「コンプレックスに感じてしまい自信が持てない」「どうしてもこの悩みを解決したい」と思い詰めている女性もおられるかもしれません。

乳輪を大きく見せてしまう原因は主に乳輪とその周りの黒ずみです。黒ずみには乳首専用黒ずみ解消クリームがおすすめです。黒ずみを解消することで、あなたの乳首を小さくすることができるかもしれません。



-バストアップ情報

Copyright© デラフェルテは効果なし?口コミ・成分・副作用は?サプリとジェルでバストアップ! , 2019 AllRights Reserved.