バストアップ情報

バストアップサプリとピルを併用するのは危険?

更新日:

バストアップサプリとピルを併用するのは危険?

バストを大きくすることを目指す女性にとって、バストアップサプリはとても身近な存在になってきています。

バストアップ効果の期待できる成分、美容成分を豊富に含んでいるサプリですが、種類によってはピルと一緒に飲まない方が良いという話をよく聞きます。

サプリは医薬品ではないから、ピルとの飲み合わせなんて気にする必要ないんじゃない?

と考えてしまいがちですが、なかなか簡単な話でもないようです。

まずピルのお話

ピルってどんな薬なの?という話からしたいと思います。

ピルといえばずばり「経口避妊薬」のことであり、婦人科に行って診察を受ければ処方してもらえる避妊薬です。

「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二種類の女性ホルモンに近い成分が配合されており、ホルモンバランスを調整する作用があります。

女性ホルモンのバランスを調整することで、女性が妊娠した状態に近づける効果があります。

この作用が働いて「妊娠している」と脳に伝達し、排卵が止まるという結果につながります。

避妊薬として有名なピルですが、ピルの持つ女性ホルモンのバランスを調整作用を活用することにより、さまざまな女性特有の症状改善に使われています。

  • 生理不順の解消
  • 子宮内膜症や子宮癌の対策
  • 生理痛の鎮静
  • 月経前症候群の軽減
  • 肌荒れ防止

といった効果が確認されています。

バストアップサプリとピルの関係

以上のように、女性の体に負担をかけているとは思いにくいピルとバストアップサプリの併用になぜ気をつけなければいけないのでしょう。

ピルには先述したように女性ホルモンに近い成分が含まれています。

バストアップサプリにも女性ホルモンに直接働きかける成分が含まれており、それは女性ホルモンに近い成分とされています。

その成分の代表的なものが「プエラリア」です。

プエラリアは確かにバストアップに効果的といわれていますが、これを過剰摂取することにより、生理不順をはじめ、不正出血、消化器官の不調や肌荒れ、冷え性、めまい、吐き気といった女性特有のトラブルが多数起きる可能性があります。

プエラリアを一日に摂取する目安として「約200mg」が適しています。

参考:美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品 -若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-(国民生活センター)

プエラリアを含むバストアップアイテムには、ほぼこの数値に近い量が配合されています。

ピルにも女性ホルモン成分が含まれていますので、プエラリアとピルを同時に摂り込むことで、女性ホルモンの過剰摂取の状態が起きてしまうというわけです。

これらの過剰摂取により生理不順などの症状を誘発するわけですが、もっと怖い症状が起きる可能性が高まります。

  • 子宮筋腫のリスク
  • 子宮内膜症のリスク
  • 子宮癌・乳がんのリスク
  • 精神不安

などです。場合によっては以上のような重篤な副作用が起きてしまうという大変なリスクをはらんでいます。

ピルとバストアップサプリの併用は無理?

ピルを服用している女性は、ほとんどの場合避妊を目的に使用されています。

つきあっている彼氏との将来を考えて使われている方が多いことと思います。

さらに美しいバストをゲットすることで、彼氏との関係が良好になることは女性にとってとても嬉しいことですね。

かといって、バストアップサプリとピルの併用のリスクが高いとわかった以上、どちらかを諦めなければいけないと思われる方も多いことでしょう。

しかし、これを解消する簡単な方法があります。

要は主成分に「プエラリア」を含まないサプリを選べば良いのです。

近年では、これまで主流だったプエラリア配合サプリに代わり「プラセンタ」を主成分とするサプリに注目が集まっています。

例えば、当サイトでご紹介しているバストアップサプリとジェルの主成分は「プラセンタ」であり、プエラリアは一切含まれていません。

プエラリアの副作用については、ここ数年国民生活センターに様々な報告が寄せられており年々増加しています。

ですが、プラセンタに関しては一切そのような報告はありません。

当サイトでは、より安全なバストアップアイテムとして、プラセンタを主成分とする製品をおすすめしています。



-バストアップ情報

Copyright© デラフェルテは効果なし?効果あり?サプリとジェルで効果的バストアップ! , 2018 AllRights Reserved.