バストアップ情報

バストアップとお酒の関係?飲んでも大丈夫?

投稿日:

バストアップとお酒の関係?飲んでも大丈夫?
バストアップを目指すならお酒は飲まない方がいいよ!
ってお話よく聞きますよね?
私もお酒は好きな方で、喉カラッカラの時の一杯のビールや落ち着きたい時のワインなんてたまんないですよね♡
バストケアのために絶対禁酒!…とか言われてもきっとムリだと思います。
バストはほしい!
でもお酒ものみたい!
そんな私やあなたのために、バストアップとお酒の関係について調べてみました。

ところでなぜお酒NGなの?

お酒に含まれるアルコール分を分解する臓器といえば「肝臓」ですよね。
肝臓って実は女性ホルモンも分解する機能を持っているって知ってました?
女性ホルモンを作る臓器ならいいんだけど、それって分解しちゃったらまずいんじゃないの?
って思ってしまいます。
肝臓とアルコール、女性ホルモンの関係って下記のようになるんです。
アルコールを過度に摂りすぎる。
↓↓↓
アルコールを分解するため肝臓が一生懸命働く
↓↓↓
肝臓が一時的に弱ってしまう
↓↓↓
肝臓が弱るため、女性ホルモンの分解まで手が回らない
↓↓↓
全身に古い女性ホルモンが残ってしまう
↓↓↓
古い女性ホルモンが残っているおかげで、新しい女性ホルモンが生成されない
↓↓↓
バストに新しい女性ホルモンが届かない
という負のループに陥ってしまうのです(T^T)
古い女性ホルモンはもちろん女性のカラダに対する働きが弱いため、大切な乳腺への働きかけも当然弱いのです。
というわけで、肝機能に影響してしまうほどの過度なアルコール摂取はNGなんですね。

酒は百薬の長?適量ならむしろアリ??

ここまで読んで頂き、過度な飲酒はバストケアに悪影響を与えることがよくわかりました。
大事なのはこの点なんですよね。アルコールの過剰摂取でなければ問題ないんです!
女性ホルモンをはじめとするバストアップに効果的な栄養成分は、血流に乗ってバストまで届いていくんです。
アルコールに血行促進効果があるのはご存じかと思います。
この血流効果のおかげで、女性ホルモン他の各種栄養成分がバストへ速やかに流れていくのです。
さらに、女性ホルモンの分泌量は脳と神経の命令系統で調節されています。
したがって、女性のカラダにストレスがかかると脳に負担が及び、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。
ストレスの溜めすぎはバストケアには禁物、といわれる由縁ですね。
お酒好きの女性にとって、飲酒がストレス解消になるのであれば、この点は解決されますね。
ストレスを解消することにより、女性ホルモンの分泌量が適度に調節されるからです。
ひいてはバストアップにつながる好結果を呼んでくれますね。
ただ気をつけてほしい点があります。
お酒が好きでストレス解消につながるけど、アルコールに元々弱かったり(アセドアルデヒドの分泌量が少ない)、肝機能が強くない人にとってはマイナスになってしまう可能性があるのです。
お酒とのつきあいはホドホドに!・・ということですね♪

赤ワイン♡は女性の味方?

お酒好きな女子の方々、適量を守るならお酒はむしろ効果的ってことがわかりました(^_^)
そうなると、どうせお酒を楽しむならよりバストアップに良いお酒を選んで、さらにリラックスしながらバストケアも併行していきたいですよね。
なんといってもおすすめなのが、やっぱり赤ワイン。
赤ワインには、抗酸化作用とホルモン促進作用の向上効果で有名なポリフェノールが含まれていますね。
赤ワインの女性のカラダへの好影響をまとめてみますね!

ポリフェノールのメリット(1)
・血行促進効果(バストや全身に栄養成分が効率よく運ばれる)
ポリフェノールのメリット(2)
・女性ホルモンに似たはたらき(女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と似たはたらきを持っている)
ポリフェノールに含まれる「フェトエストロゲン」は、バストケアに有効な女性ホルモンの一種エストロゲンに近いはたらきを持っていて、エストロゲンの機能をサポートしてくれます。
ポリフェノールのメリット(3)
・ストレス解消(リラックス効果)
ポリフェノールにはリラックス効果があります。
過度なストレス状態が続くと、交感神経が刺激されて、男性ホルモンの分泌が盛んになってしまい、女性ホルモンの分泌は低下してしまいます。
ストレスを解消して、女性ホルモンの分泌を促進するカラダにしましょう♡
ポリフェノールのメリット(4)
・動脈硬化予防に効果(成人病の予防)
・カラダのサビ、活性酸素を退治してくれる(美容・アンチエイジング効果)
・便秘予防・便通改善の効果(整腸作用)
・血圧降下(血管の詰まり防止)
・脳の活性化(認知機能を高め、脳の老化予防)

ご覧の通り、ポリフェノールはまさしく女性の強い味方!
赤ワインポリフェノール、とっても素敵な成分ですね♡

赤ワインの賢い飲み方と種類

赤ワインとひとくちに言っても、たくさんの種類があるんです。

・ライトボディ
フルーティーな口当たりで渋みや苦みが少なく、さらっとした味わいで、色も少しピンクっぽい。
・フルボディ
渋みや苦みが強めで、口当たりもコクがあり重厚感がある。色もより赤い。

この2種類の他、真ん中に種類わけされる「ミディアムボディ」もあります。
ポリフェノールがより多く含まれているのは、「フルボディ」です。
ポリフェノールを効率よく摂取するならフルボディがおすすめですね♡
ワインをたしなむ上で「適量」といわれる量は、体質や体格により個人差があります。
一般的な日本女性の場合、一日にワイングラス一杯(約180cc)〜二杯程度でしょうかね。
肝臓に負担をかけては逆効果ですから、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけましょう!

ビールが好きな女性は、ビールが効果的

中にはワインは苦手だけど、ビールなら大好き!という女性もおられることでしょう。
ビールの主原料である「ホップ」には赤ワインポリフェノールにも含まれる「フィスゴロゲン」が含まれています。
また、超痩せ型女子なのに、バストだけ豊か、というちょっとバランスのよくない(でも女性にとっては憧れ??)体型の女性はあまりいらっしゃらないですよね。
バストの大きな女性は比較的全身の脂肪もバランスよくついているのが一般的です。
バストにつくべき脂肪を蓄積・増加させるためにもある程度の体脂肪率のキープが必要なんです。
その点ビールはカロリーも比較的高めです。
ふっくらとしたカラダにふっくらとしたバストは男性から見ても女性の魅力の一つでしょう。
ふっくらとした女性らしい体つきを保つのに、適量のビールもアリだと思いますよ。

お酒は美味しく楽しく適量を・・♡

以上、お酒とバストの円満な関係についてご紹介いたしました。
お酒=バストアップにNG!ではなくて、ワタシも調べた甲斐がありました♪
大切なのは、適量とアルコールの種類ですね。
美味しいお酒を適度に摂ってストレスを解消し、心身の健康と美しいバストを同時にゲットしましょう♡



-バストアップ情報

Copyright© デラフェルテは効果なし?口コミ・成分・副作用は?サプリとジェルでバストアップ! , 2018 AllRights Reserved.