バストアップ情報

バストアップサプリは高校生や未成年が飲んでもいいの?

投稿日:

バストアップサプリは高校生や未成年が飲んでもいいの?

10代の女の子がバストアップサプリを飲んでもいいの?

胸のサイズや形に関する悩みはどんな年齢の女性にも共通するものでしょう。

たとえ中学生や高校生の未成年の女の子達にとっても立派な悩みの一つだと思います。

「クラスの他の子たちよりもバストが小さい」

「胸が大きくなってくれない」

「胸が大きすぎて恥ずかしい」

などなど、胸に関する悩みや不安を持っている女の子も多いことと思います。

思春期ならなおさらかもしれません。

バストアップアイテムの一つとしてバストアップサプリがありますが、10代の女の子や未成年の子が使っても問題ないのでしょうか。

胸のサイズにコンプレックスを持つティーンズ向けに、バストアップサプリについてご紹介したいと思います。

10代の女の子は胸のサイズを気にすることはない

中学生や高校生など10代の女の子は思春期・成長期のまっただ中。

カラダに刻々と変化が起きる時期です。

特に女性ホルモンの分泌が活発化し、その影響を受けやすい時期でもあります。

女性のカラダの中では「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが多く分泌されています。

成長期を過ぎると女性ホルモンのバランスが適度に整っていくものですが、10代のうちは女性ホルモンが活発に分泌されてはいますが、その量は安定した状態ではありません。

不安定な女性ホルモンの分泌が女の子のカラダに色々な影響を及ぼします。

胸の悩みのみならず、生理不順や毛深いといった、女性特有の悩みが表れてくる時期です。

胸のサイズに関しては、上記のうちのエストロゲンが大きく影響を与えます。

10代の女の子はエストロゲンの分泌量が増加中、という状態です。

エストロゲンの分泌がピークを迎え安定してくるのは、おおむね20歳を過ぎてからです。

ですから、10代の段階で胸が小さいと心配し過ぎる必要はありません。

まだまだエストロゲンの分泌が盛んになるのはこれからで、胸が大きくなる可能性は十分あるのです。

10代の頃は胸のサイズはもちろん、体の成長について他の子と比べたり、そのことを気にやむ必要は全くありません。

女性ホルモンの分泌にも当然個人差がありますので、早く成長する子もいれば遅く成長する子もいます。

個人差があるのは当たり前のことなのです。

10代の女の子がバストアップサプリを使っても大丈夫?

胸を大きくしたいと思っている中学生や高校生の女の子の中にも、バストアップサプリを使ってみたいと思っている子も少なくないと思います。

ですが、10代の女の子はまだ使用しない方が安全です。

バストアップには、エストロゲンなどの女性ホルモンの作用が重要です。

サプリの中には、女性ホルモンに影響を与える成分が配合されている製品も多く販売されていますが、これらは女性ホルモンそのものではありません。

10代の女の子は女性ホルモンが盛んに分泌され始める段階の途中にあります。

サプリを摂取しなくても十分な量の女性ホルモンが分泌されているものです。

そして、その量も安定した状態ではまだありません。

そんな状態の体に外から女性ホルモンに近い成分を摂り込んでしまうと、脳の中の適切な量のホルモンを分泌させる機能が乱れてしまい、副作用を引き起こすリスクが生まれるのです。

10代の女の子はホルモンバランス自体が不安定で非常に繊細な状態におかれている時期です。

ホルモンバランスを崩してしまうようなサプリを使うことはおすすめできることではありません。

結論として、10代の女の子はバストアップサプリを使用するべきではありません。

ちなみに当サイトでおすすめしているバストアップサプリは、20歳以下の方には販売をしないことになっています。

販売する前に年齢確認をして、20歳になっていないことがわかれば販売されることはありません。

10代の女の子の健康に配慮する目的です。

中学生や高校生の女の子は、バストの事を過度に気にする必要はありません。

将来のために健康的な生活を送ることが第一です。

栄養バランスのよい食生活、十分な睡眠時間の確保、適度な運動を心がけて、ストレスの軽減・発散に気を配り、心身の健康を一番に考えて健全な学生時代を送ることを優先しましょう。

-バストアップ情報

Copyright© デラフェルテは効果なし?効果あり?サプリとジェルで効果的バストアップ! , 2018 AllRights Reserved.